在宅ワーク・副業で楽しく稼いで収入アップ!

ブログで生活に役立つ副業情報や欲しい情報へ有益な情報をお届けしていきます。

アフィリエイト

ネットでお金を稼ぐことの意味

ネットビジネスは無限の可能性が!


皆様こんにちは(^o^)

今日は隅田川の花火大会ですが、東京は雨なのでどうなんでしょうか。。

見に行く予定でしたが、急遽キャンセルしました(^^;;

さて、今回は初心に戻ってインターネットを使った副業で稼ぐことの意味について書きたいと思います。



lgi01a201411232300


今の世の中、長引く経済不況で格差社会が進み、少ない収入を補うために副業を考えている人も多いのではないでしょうか。


ネットで探してみると、本当に様々なお金儲けの情報が見つかります。

しかし安全性に不安があり、なかなか利用できないのも事実です。

むしろ残念なことに詐欺情報みたいなのが圧倒的に多いように思えます。

そんな時は、経験者のウェブサイトを見ると結構参考になります。

その情報が本当かどうかはわかりませんが、良くも悪くもおおよそのネットビジネスの形態は見えてくるはずです。

そして、世の中にはサラリーマンやOLをやっていても、収入に満足できずに副業を考えている人は多いと思います。


また、将来、独立開業してビジネスをやろうと計画している人も、その足掛かりとしてネット副業を検討しているのではないでしょうか。

その選択は正しいと思います。

何故なら、すっかりインターネットが普及して、パソコンやスマホ一つあればお金が稼げるようになりました。


20年くらい前ならインターネットでお金を稼ぐと言えば、ごく一部のマニアックな人たちにしかできないことのように思われていたのを思い出します。

私が始めた15年前はガラケーアフィリエイトが流行していました。

それほど知識が無くても、参入者が少なかったのでかなり稼げたものです。

しかし今ではあまりパソコンに詳しくない人でもネット収入が得られるようになりました。


当然敷居が低くなったので、気軽に始める人が増えています。

一昔前ならウェブサイトに広告を表示するアフィリエイト、本やCDを扱うせどり(転売ビジネス)に人気がありました。

今でもネットビジネスの主流として大きなシェアを占めていますね。

そして2013年頃から、YouTubeを利用したものやアドセンス広告、コミュニケーションツールのLINEスタンプの製作・販売なんかもあります。

本当にネットビジネスの幅が多種多様に広がってた印象があります。

もちろん多種多様なネットビジネスでも、本物を選ぶことが重要なのは言うまでもないことですね。

常に情報のアンテナを広げて、何が正しいのかを分別するスキルは確実に身に着けたいものです。


本日もご拝読いただき有難うございます。

こちらや一番下の、はてなブックマークをクリックしていただくと助かります(^^;;

フェイスブックページもやってますので、よろしければこちらからどうぞ。

短期間で高収入の副業(Facebook)

ブログランキング・にほんブログ村へ  

SNSを集客に生かす術(4)フェイスブック編

皆様こんにちは(^o^)

今日は気温が低めなのに湿度が高くてジメジメ(^^;;

気持ちを前向きにして乗り切りましょう。

さて、今回は以前書いたSNSを集客に生かす術の続きで、フェイスブックについて書いていきます。


H2u7nBsI7l45chX_4719


アフィリエイトや集客にフェイスブックを活用する方法は、多くのメリットを持っています。

検索エンジンに左右されずに、ダイレクトに集客できるからです。

勿論こまめに中身のある記事を更新して友達を増やす作業が欠かせませんが、最大5,000人の友達が作れる事は宣伝に大きな効果を発揮します。

フェイスブックが分らない人に簡単に説明すると、その利用する流れは以下のようになります。
  1. アカウントを登録
  2. 記事を書く
  3. 友達申請して友達を増やす
  4. 友達の記事に「いいね」をする
  5. 友達の記事にコメントを残す
  6. 自分の記事へのコメントに返信する
まあ簡単に言えばこういう事です。

しかしフェイスブックは実名登録が原則なので、不正アカウントは即刻削除される危険性があります。

逆に友達になった人は、ある程度身分が保証されてるので匿名性が少ないです。

さらに話を続けましょう。



1)フェイスブックをアフィリエイトや集客に使うメリット


冒頭にも書いたように、フェイスブックでのアフィリエイトや集客は検索エンジンの影響をほとんど受けません。

ホームページやブログではSEO(検索エンジンの最適化)が必須ですが、フェイスブックの場合はダイレクトマーケティングに近いです。

今年の2月にGoogleの日本語検索の大規模なアップデートが行われました。

その結果、今まで稼げていた多くのWEBサイトが検索結果に反映されなくなり、稼げる報酬額が一気に下がるという事態になりました。


例えば、運営サイトが検索エンジンのニッチなキーワードで上位表示され、毎月100万円を稼いでたとしましょう。

それがたった1度のGoogleのアップデートで、検索エンジンから除外されて収入が激減してしまうのです。

しかも今後も定期的にアップデートが行われるでしょう。

つまり検索エンジンに収入元を依存する事はリスクが高いのです。

アップデートの度に運営サイトを修正したり、新たなサイトを作る事は大変な事です。

勿論すべてのWEBサイトがそうなるわけではありませんが、リスクヘッジとしてフェイスブックなどのSNSを活用する事をお勧めします。



2)フェイスブックが広げる可能性



そもそも集客のベースがフェイスブックユーザーなので、検索エンジンから集客するという発想自体ありません。

またSEO(検索エンジンの最適化)など難しい作業も必要ありません。

それはダイレクトにユーザーへ情報を発信して、それに反応したユーザーを相手にするからです。

フェイスブックで多くの友達を作る事で集客は右肩上がりになります。


arrow633


また、フェイスブックに記事を書く時に、主に以下の公開範囲の設定があります。
  • 自分のみ
  • 友達
  • 友達の友達
  • 公開
それぞれ説明すると、

自分のみ・・・自分だけしか記事を見れません。

友達・・・友達になった人まで記事を見れます。

身近な話題や親しくなった人向けの記事に使います。

友達でも見てほしくない人がいる場合は個別で除外設定が出来ます。

友達の友達・・・友達とその友達がなった友達にまで記事が公開されます。

もし1,000人単位の友達がいる人が、その記事に「いいね」したら、膨大の数の人が目にするでしょう。

公開・・・文字通り全世界公開の記事になります。

公開範囲が限定されてないので、誰かが「いいね」をすれば、拡散範囲は莫大になります。

フェイスブックの集客の狙いはまさにこれです。


友達を多く作る事で、口コミのような感じで情報を拡散できるのが最大の武器になります。

ある意味SEO(検索エンジンの最適化)に四苦八苦するならば、難しい知識をそんなに必要としないフェイスブックの活用が主流になるかもしれませんね。




本日はフェイスブックの活用について簡単に書いてみました。

近いうちに実践編をまとめてみたいと思います。



本日もご拝読いただき有難うございます。

こちらや一番下の、はてなブックマークをクリックしていただくと助かります(^^;;

フェイスブックページもやってますので、よろしければこちらからどうぞ。

短期間で高収入の副業(Facebook)

ブログランキング・にほんブログ村へ  
プロフィール

Tossan5963

一緒に楽しく、そして楽に儲けましょう!その情報を提供します。

また、ツイッターで地元埼玉県をPRしています。

宜しければフォローお願いします(笑)

無料で情報収集はこちらから
記事検索
最新コメント
livedoor 天気