在宅ワーク・副業で楽しく稼いで収入アップ!

ブログで生活に役立つ副業情報や欲しい情報へ有益な情報をお届けしていきます。

検索エンジン

バックリンクを増やしてアクセスアップ

今日はバックリンクについて書いてみたいと思います。

サイトを運営されてる方なら当然知ってなければならない事です。



backlink-1



1)バックリンクとは何?


主にSEO(検索エンジン最適化)で用いられる用語で、あるWEBページに向けて、他のサイトから設置されたリンクの事です。


そのリンクが静的(ドメインやHTMLで終わるもの)で良質なものが数多くあれば、Googleなどの検索エンジンからWEBサイトが評価され、キーワード検索で上位に来ます。

反対にURLに?が付く様な掲示板みたいな動的なWEBサイトからの被リンクは評価されません。

理論的には簡単ですが、このバックリンクを集める作業が結構手間です。

皆が簡単に出来てしまえば競合してしまうので、それはそれで良いのかもしれません。

バックリンクがどう評価されるかの基準は主なこちらです。

  1. バックリンクが数多く設置されてる
  2. 検索エンジンから高い評価を得てるWEBサイトからのバックリンク
  3. アンカーテキストのリンク先がその内容に合ってる


これが全て当てはまれば検索エンジンの上位にランクされやすくなります。

バックリンクの数は、GoogleではGoogleウェブマスターツールで分かります。

また、登録せずに簡単に調べられる被リンクチェックツールで確認できるので調べてみてください。



2)バックリンクを獲得する意味


バックリンクを獲得する行為は、リンクビルディング(被リンク獲得)と呼ばれます。


最も効果的なリンクビルディングは、人為的なSEO対策よりもナチュラルに設置されたオーガニックリンクを増やす為、WEBサイトを充実させる事が大切です。

オーガニックリンクとは、WEBページに設置されたバックリンク(被リンク)のうち、管理者がWebページを評価した事によって自然的に設置したリンクの事です。

一方向的リンクであり、かつ、リンク元の話題や内容の関連性が密接であるという傾向が強いWEBサイトからの被リンクになります。

少々難しく書きましたが、簡潔にまとめると、関連性のあるWEBサイトから評価され、一方向的リンクを増やせば非常に高い評価されるという事になりましょう。


しかしジャンルが違っても静的なバックリンクを増やす事で、Google検索エンジンからは評価されやすくなります。

検索エンジンの上位に表示されるには避けては通れない道とも言えます。


3)バックリンクを獲得する方法


バックリンクを獲得する方法としては、相互リンクの依頼、検索エンジンやカテゴリーへの登録、トラックバックの発信、ブログならコメントを残すなどあります。


またブログ運営者ならば、日本ブログ村人気ブログランキングなどの大きいサイトに登録するだけで、Googleから高い評価を得てるWEBサイトからのバックリンクを獲得できます。

また、内容が充実してれば読者が「はてなブックマーク」にブックマークしてくれるでしょう。

それとこれから紹介するツールは、私が実践した結果バックリンクを増やす効果がありました。

他にもあると思いますが、この4つで充分かと思います。

上記のツールは完全無料で使えます。

仕組みは、ツールに登録して簡単なコードを発行してもらい、それをトップページの目立つに貼り付けるだけです。

そうする事によって、バックリンクが少しづつ増えていきます。

バックリンクを手動で一気に増やすとGoogleからスパムと判断される場合がありますが、これらのツールは徐々に増やしていきます。



その仕組みはどのツールのトップページにも説明してあるので、そちらをご覧になった方が分りやすいです。



さて、書いてる自分も頭を使ったので、眠くなってしまいました(^^;;

バックリンクを増やす事の重要性は多少は伝わったのかな?と思ってます。

バックリンクを充実させて、素晴らしいWEBサイト運営をしましょう。

本日もご拝読いただき有難うございます。

こちらや一番下の、はてなブックマークをクリックしていただくと助かります(^^;;

フェイスブックページもやってますので、よろしければこちらからどうぞ。


短期間で高収入の副業(Facebook)

ブログランキング・にほんブログ村へ  

サイト立ち上げからアクセスアップ方法の流れ(7)

皆様こんばんは(^o^)

本日は、サイト立ち上げからアクセスアップ方法の流れの最終回です。

最終回はGoogleから評価されやすいブログ構成についてです。


search-engine-optimization-796199_640


1)h1、h2、h3、タグなどを指定する


hタグとは「見出し」のことです。

見出しのない長い文章は、読んでいてストレスがたまると思います。

hタグは1~6まであり、イメージとしてはこのような感じになります。


7fdd6cc16b49f8619a0627a654c0cd35

タイトルにはh1タグを、文中の見出しや、小見出しなどの重要な箇所には、h2タグ、h3タグを使うようにします。

見出しを適切に配置することで、巡回するクローラーがいち早くコンテンツの内容を理解できます。

タイトル、メタタグのディスクリプションと合わせて、hタグを最適化することがSEO対策を有利に進めるために大切です。

h1タグは一番目立つ見出しなので使うのは1回のみとし、残りは何回使っても問題ないと思います。

また、コンテンツを作る時には、検索エンジンがコンテンツをすぐに把握できるように、文章構成に合わせてhタグを配置します。

当然ですが、h1タグが最も目立ち、検索エンジンも最重要の見出しとみなします。

例えば、以下のような文章構成(タグ構成)だと、読者も検索エンジンのクローラーも分かりやすいと思います。

大見出し=h1タグ

中見出し=h2タグ

小見出し=h3タグ

具体例=h4タグ



また、Googleの検索エンジンのランク付けは、ロボットが自動的に行っています。

具体的にはこのような3つのステップで順位が決定されます。


  1. クローラーと呼ばれるロボットが巡回
  2. サイト情報を蓄積(インデックス)
  3. サイト情報をもとに検索順位を決定

このように、ロボットがアルゴリズムの指標によって判断し、クローラーが巡回しやすい構造、インデックスされやすい構造にする構成が必要です。

つまり、ブログの内容がクローラーに把握されやすい文章構成が必要であり、それがhタグが重要だという理由です。

また、検索エンジンのクローラーは、新たなコンテンツの内容を理解する上で、真っ先にタイトル→メタタグのディスクリプション→hタグの順にチェックします。

クローラーに有益なコンテンツとして認識してもらうためには、タイトル、ディスクリプション、hタグ(特にh1タグ)を有機的に関連付ける必要があります。

それぞれのキーワードがバラバラではhタグを使っても意味が無いのです。

タイトル、ディスクリプション、hタグはセットで考える習慣をつけましょう。



1週間にわたって、なるべく簡潔に説明しましたが、お役に立つことを願っております。

これをきっかけに、より一層自分で調べるようになれば、もっと深い知識が得られると思います。


本日もご拝読いただき有難うございます。

こちらや一番下の、はてなブックマークをクリックしていただくと助かります(^^;;

フェイスブックページもやってますので、よろしければこちらからどうぞ。

短期間で高収入の副業(Facebook)

ブログランキング・にほんブログ村へ  
プロフィール

Tossan5963

一緒に楽しく、そして楽に儲けましょう!その情報を提供します。

また、ツイッターで地元埼玉県をPRしています。

宜しければフォローお願いします(笑)

無料で情報収集はこちらから
記事検索
最新コメント
livedoor 天気