在宅ワーク・副業で楽しく稼いで収入アップ!

ブログで生活に役立つ副業情報や欲しい情報へ有益な情報をお届けしていきます。

活用

WEBマーケティングとは?(3)

多様化する21世紀以降のWEBマーケティング


lgi01a201411250300


皆様こんにちは(^o^)

昨日は90年代のインターネット黎明期から発展し、今日の基礎にもなっている、2000年から08年ごろまでのWEBマーケティングについて説明しました。

90年代はビジネス形態から一気に変化した時代、その次の約10年はパソコンやガラケーの普及により多様化した時代です。

本日はマーケティングの主流になった、2010年以降現代までのWEBマーケティングについて説明します。




4)スマホ・アプリ登場、ホーム画面争奪戦(2010年~現在)


2010年辺りから、ガラケーに代わりスマホが台頭し、Webだけでなくアプリなど、さらに宣伝媒体が広がりはじめました。

スマホが爆発的に普及して、国内ではメッセージングサービスのLINEが登場し、またたく間にユーザーを獲得しました。

アプリの利用が広がると、ソーシャルメディアの利用が活性化され、ソーシャルをビジネスに活かす成功事例が出始めました。

通信環境も整備され、モバイルでも3Gや4Gといった高速LTEという規格が広がり、スマホ利用を後押ししました。

その勢いで、iPhoneだけでなく、Androidやタブレットなど、通信端末の種類も劇的に増えたのでした。

PCのホームページをスマホでも表示対応できるように、レスポンシブWEBデザインという手法が広がりをみせ、現在もその表現は多種多様化しています。

そして近年では、Amazonは、物流に革命を起こしました。

そのAmazonが、3Dプリンタやドローン(小型ヘリコプター)などを実用化すれば、新たな次世代ビジネスの誕生となるでしょう。

今後もいろんな発想から、新しいビジネスの形態が生まれます。

その波に最初に乗ることは、どの時代でも億万長者を生み出しています。

それほどに可能性を秘めたのが、進化する通信環境と端末機器と、時代に臨機応変に対応するWEBマーケティングそのものだと思います。


次回からはWEBマーケティングの重要性について説明したいと思います。



本日もご拝読いただき有難うございます。

こちらや一番下の、はてなブックマークをクリックしていただくと助かります(^^;;

フェイスブックページもやってますので、よろしければこちらからどうぞ。

短期間で高収入の副業(Facebook)

ブログランキング・にほんブログ村へ  

SNSを集客に生かす術(1)

皆様こんにちは(^o^)

昨日のサッカーは残念でした。

仕事しながら見てたのですが、やはり疎かになってしまいます。

やる時は集中ですね(^^;;

今日からはSNS(ソーシャルネットワークサービス)を副業に生かす方法を紹介します。


H2u7nBsI7l45chX_4719



1.SNSを上手く使って集客に活かそう!



アフィリエイトを始めた初心者の方が真っ先にぶつかる壁は集客でしょう。

どうしたらアクセス数を増やせるのか?と深刻に悩んでしまいます。

そんな初心者がアクセス数を増やす方法としてSNSが近年注目されています。

SNSとは、「ソーシャルネットワーキングサービス」の略です。

人と人との繋がりをサポートしてネットワークを広げるためのツールです。

SNSを上手に活用してアクセス数を増やし、収入アップを目指しましょう。



2.なぜSNSが有効であるのか


アフィリエイトを成功させるには、アクセス数を増やすことがまず大切です。

しかし、ひとくちにアクセス数を増やしましょう!.........

といっても、どうすれば増やせるのか?が問題です。

そこでおススメなのがSNSの活用です。

SNSは共通の趣味や、興味でつながることが多いです。

つまり入口を設ければアフィリ用のブログにアクセスしてくれる可能性が高くなります。

その結果ブログから商品を購入してもらえる可能性も広がるというわけです。

趣味が似ていれば興味を持ってもらえます。

私が利用しているSNSはTwitterとFacebookのみですが、2つだけでもかなりの効果があります。

次回より2回にわたり、私が利用してるSNS(TwitterとFacebook)の活用術を書いてみたいと思います。


本日もご拝読いただき有難うございます。

こちらや一番下の、はてなブックマークをクリックしていただくと助かります(^^;;

フェイスブックページもやってますので、よろしければこちらからどうぞ。

短期間で高収入の副業(Facebook)

ブログランキング・にほんブログ村へ  
livedoor プロフィール
無料で情報収集はこちらから
記事検索
最新コメント
livedoor 天気