皆様こんにちは(^o^)

本日は不快指数100%の蒸し暑さの中で記事を書いています(^^;;

本当に熱中症には気をつけたいです。

さて、今回は書いた記事を多くの人に見てもらうための実践法についてです。

que-es-un-blog-3


これまでかなり時間を割いて説明した、SEO(検索エンジン最適化)の要素を含むので、復習も意味の込めて重複する話もあります。

これからブログを始める方や、まだ成功体験がないという方にとっては、中々理解することが難しいかもしれないです。

しかしこれだけはハッキリとしています。

ブログ記事に対するアクセス数は、記事のタイトルによって大きく左右されるということです。

その理由を理解するために、ブログ記事を更新してから、コンテンツが拡散して、アクセスが集まるまでの2つプロセスを知っておく必要があります。

そのプロセスの1つはこちらです。


ブログ記事拡散のプロセス

  • ブログ記事を更新する。
  • 更新記事が事前に登録したpingサーバーにping送信される→ 検索エンジンへ更新通知を配信
  • 更新情報をTwitterで告知する→ 記事がリツイートされる。
  • 更新情報をFacebookページで告知する→ 記事に「いいね!」が押される。
  • 更新情報をRSSで配信する→ RSSからブログに訪問され「はてぶ」が押される。
  • 記事が拡散し、更にアクセスが増える。
  • さらにソーシャルシェアが増え記事が拡散する。


  • このように、各種検索エンジンやソーシャルメディアで拡散することによって記事へのアクセス数が増えます。

    注)ここでいう検索エンジンとは、「にほんブログ村」や「人気ブログランキング」などの登録型検索エンジンになります。

    そして、次が重要なポイントです。

    各種ソーシャルメディアでシェアされて画面に表示された時、およそ8割の人がタイトルを見て記事にアクセスするかどうかを決めているとの統計があります。


    そこで前回でも触れた、読まれやすい記事を書くときの4つのルール

  • 見ただけで得する情報があることが分かる。
  • 見ただけで役立つ情報があることが分かる。
  • 見ただけで興味を刺激される。
  • 文字の総数が32文字以内におさめられている。


  • このことの大切さが改めて理解できたかと思います。

    しかし残念ながらこのプロセスだけは一時的にアクセスが集中するだけに終わります。

    そして大切なのはもう1つのプロセスとの一体化です。

    それはSEO(検索エンジン最適化)との融合化になります。

    次回はこちらについても考察してみたいと思います。


    本日もご拝読いただき有難うございます。

    こちらや一番下の、はてなブックマークをクリックしていただくと助かります(^^;;

    フェイスブックページもやってますので、よろしければこちらからどうぞ。

    短期間で高収入の副業(Facebook)

    ブログランキング・にほんブログ村へ