在宅ワーク・副業で楽しく稼いで収入アップ!

ブログで生活に役立つ副業情報や欲しい情報へ有益な情報をお届けしていきます。

集客

メルマガに代わる集客法のLINE@とは?

メルマガなどに比べても、「LINE@」はダントツの開封率を誇る集客ツールです。



og-lineat



皆様こんばんは(^o^)

今回はメルマガよりも効率が良い「LINE@」について簡単に説明します。

無料メッセージアプリ「LINE(ライン)」といえば、言わずもがな若年層を中心に圧倒的人気を誇るサービスです。

最近では従来の携帯メールは使わず、LINEでメッセージのやり取り、通話、写真の共有からスケジュール調整まで、コミュニケーション手段をすべてLINEで済ませるという人もいます。

その公開型アカウント「LINE@」が、2015年2月に無料化され、メルマガに代わる存在として注目を集めています。

LINE@は、LINEユーザーを対象に、主に企業や店舗、アーティストなどが、公開で運用するLINEのサービスで、メルマガ的な使い方もできます。

最近ではSNSにLINE@のアカウントを掲載して、読者を集めようとする個人も増えています。

これまではメールを読まない人も、LINE@ならメッセージを開封する傾向が強いです。

宣伝効率が高いので有料サービスでしたが、前途のように無料化されました。

それではLINE@で何が出来るのかを簡単に説明します。



1)一括送信ができる。


メッセージ配信を利用して、クーポン、PRページ、リサーチページなど、様々なタイプのメッセージを友だちに送ることができます。


LINE@は友達になってる人へ一括でメッセージを送信でき、受信者はLINEアプリで見る事になります。

そして業種によって、セール情報、クーポン券の配布、当たり障りのない挨拶などをダイレクトに伝えられます。



2)顧客とダイレクトで話す事ができる。


「1:1トーク」また「LINE@」アカウントを、友達登録しているユーザー(顧客)からの問い合わせが、LINEアプリから受け付けることができます。


これは送りっぱなしのメルマガと違い、顧客の疑問に素早く回答することができ、信頼関係を醸成するようになります。

メルマガに代わる集客法の一番の魅力かもしれません。

ユーザーとトークを開始すれば回数制限(のちに詳しく記述)無しで利用できます。



3)タイムラインやホームに投稿



簡単に言えばフェイスブックのようにタイムラインを使ってPRすることが可能です。

誰でも閲覧可能なので、友達を勧誘する時に、どのようなビジネスをしているのか伝えることが可能です。


ブログ的な使い方や、キャンペーンなどに使えば宣伝効果があるでしょう。

メッセージ送信と同時に投稿することがかのうで、回数制限はありません。



4)料金について。



サービスは基本無料ですが、無料プランだと月に1000通以上のメッセージを送信した場合、5万通までは月額5,400円です。

それを超える送信をした場合は、超過分1通につき税込みで1.08円が加算されます。

ちなみに配信数は、メッセージ数×友達追加人数で、50人に月20通配信すると上限の1,000通になる計算です。

これが先ほど詳しく記述すると書いた回数制限になります。

タイムラインについては月4回投稿までです。

また、この上限数には1対1のトークは適用されません。

他にはベーシック(5,400円/月)、プロ(21,600円/月)のプランがあり、友達有効人数によって料金が変わります。

ベーシックなら有効人数5,000人まで、プロは100,000人まで無制限で配信可能になります。

こちらのプランは、タイムライン投稿も無制限です。




以上LINE@について簡単に説明しましたが、基本友達を多く作ることが大切です。

メルマガの読者を増やすのと同じですが、LINE@はメルマガよりもメッセージ開封率が格段に違います。

多くの人に商品を宣伝したいのなら、使ってみる価値は大きいと思います。




本日もご拝読いただき有難うございます。

こちらや一番下の、はてなブックマークをクリックしていただくと助かります(^^;;

フェイスブックページもやってますので、よろしければこちらからどうぞ。

短期間で高収入の副業(Facebook)

ブログランキング・にほんブログ村へ  

SNSを集客に生かす術(4)フェイスブック編

皆様こんにちは(^o^)

今日は気温が低めなのに湿度が高くてジメジメ(^^;;

気持ちを前向きにして乗り切りましょう。

さて、今回は以前書いたSNSを集客に生かす術の続きで、フェイスブックについて書いていきます。


H2u7nBsI7l45chX_4719


アフィリエイトや集客にフェイスブックを活用する方法は、多くのメリットを持っています。

検索エンジンに左右されずに、ダイレクトに集客できるからです。

勿論こまめに中身のある記事を更新して友達を増やす作業が欠かせませんが、最大5,000人の友達が作れる事は宣伝に大きな効果を発揮します。

フェイスブックが分らない人に簡単に説明すると、その利用する流れは以下のようになります。
  1. アカウントを登録
  2. 記事を書く
  3. 友達申請して友達を増やす
  4. 友達の記事に「いいね」をする
  5. 友達の記事にコメントを残す
  6. 自分の記事へのコメントに返信する
まあ簡単に言えばこういう事です。

しかしフェイスブックは実名登録が原則なので、不正アカウントは即刻削除される危険性があります。

逆に友達になった人は、ある程度身分が保証されてるので匿名性が少ないです。

さらに話を続けましょう。



1)フェイスブックをアフィリエイトや集客に使うメリット


冒頭にも書いたように、フェイスブックでのアフィリエイトや集客は検索エンジンの影響をほとんど受けません。

ホームページやブログではSEO(検索エンジンの最適化)が必須ですが、フェイスブックの場合はダイレクトマーケティングに近いです。

今年の2月にGoogleの日本語検索の大規模なアップデートが行われました。

その結果、今まで稼げていた多くのWEBサイトが検索結果に反映されなくなり、稼げる報酬額が一気に下がるという事態になりました。


例えば、運営サイトが検索エンジンのニッチなキーワードで上位表示され、毎月100万円を稼いでたとしましょう。

それがたった1度のGoogleのアップデートで、検索エンジンから除外されて収入が激減してしまうのです。

しかも今後も定期的にアップデートが行われるでしょう。

つまり検索エンジンに収入元を依存する事はリスクが高いのです。

アップデートの度に運営サイトを修正したり、新たなサイトを作る事は大変な事です。

勿論すべてのWEBサイトがそうなるわけではありませんが、リスクヘッジとしてフェイスブックなどのSNSを活用する事をお勧めします。



2)フェイスブックが広げる可能性



そもそも集客のベースがフェイスブックユーザーなので、検索エンジンから集客するという発想自体ありません。

またSEO(検索エンジンの最適化)など難しい作業も必要ありません。

それはダイレクトにユーザーへ情報を発信して、それに反応したユーザーを相手にするからです。

フェイスブックで多くの友達を作る事で集客は右肩上がりになります。


arrow633


また、フェイスブックに記事を書く時に、主に以下の公開範囲の設定があります。
  • 自分のみ
  • 友達
  • 友達の友達
  • 公開
それぞれ説明すると、

自分のみ・・・自分だけしか記事を見れません。

友達・・・友達になった人まで記事を見れます。

身近な話題や親しくなった人向けの記事に使います。

友達でも見てほしくない人がいる場合は個別で除外設定が出来ます。

友達の友達・・・友達とその友達がなった友達にまで記事が公開されます。

もし1,000人単位の友達がいる人が、その記事に「いいね」したら、膨大の数の人が目にするでしょう。

公開・・・文字通り全世界公開の記事になります。

公開範囲が限定されてないので、誰かが「いいね」をすれば、拡散範囲は莫大になります。

フェイスブックの集客の狙いはまさにこれです。


友達を多く作る事で、口コミのような感じで情報を拡散できるのが最大の武器になります。

ある意味SEO(検索エンジンの最適化)に四苦八苦するならば、難しい知識をそんなに必要としないフェイスブックの活用が主流になるかもしれませんね。




本日はフェイスブックの活用について簡単に書いてみました。

近いうちに実践編をまとめてみたいと思います。



本日もご拝読いただき有難うございます。

こちらや一番下の、はてなブックマークをクリックしていただくと助かります(^^;;

フェイスブックページもやってますので、よろしければこちらからどうぞ。

短期間で高収入の副業(Facebook)

ブログランキング・にほんブログ村へ  

SNSを集客に生かす術(3)ツイッター実践編

皆様こんばんは(^o^)

今日も暑い地方が多かったのではないでしょうか(^^;;

こまめに水分を採って熱中症に気をつけましょう。

本日は前回の続きでツイッターによる集客の実践編です。


414Ybi4MSDL


前回はツイッターで集客する為にはBOTを大量生産する必要があると書きました。

SNSを集客に生かす術(2)ツイッター編

BOTのフォロワーが2000以上になったら、そこそこのアクセス数のあるアカウントになっています。

このBOTを本アカウントに活用する方法は以下の2つがあります



(1)BOT自体をそのまま本運営のアカウントとして使う

この場合はアカウントの名前や、ID名を自分が扱うジャンルのものに変更します。

Twittbotや鬼ったーの設定も変更するか、一旦とりやめます。

必要に応じて影響力の無いアカウントのアンフォローも行います。

このようにして完全にアカウントそのものを改めていき作り直します。



(2)本運営のアカウントでのツイートを、複数のBOTでリツイートする。


そうする事で本運営のアカウントが注目されていきます。

その結果、特に本運営のアカウントから誰かをフォローせずともフォロワーが集まります。

リツイートするツイートは、拡散されやすそうな話題に厳選しておきます。

そして、必要な場合にはクライアントのKrile(無料ツール)を使います。

これによって複数のBOTアカウントから、ワンクリックで一括RTを行う事ができます。



(1)と(2)の方法は双方共、フォローとフォロワーのバランスであるFF比の高い良質なアカウントを作りだすことができます。

そこで私が奨励するのは(2)のリツイートによる拡散方法です。

(1)のようにアカウント自体の設定を全て変えてしまうのはリスクがあります。

つまり展開するジャンルによっては、急激にフォロワーがいなくなってしまう可能性があります。

しかし(2)なら本運営アカウントをBOTでリツイートするだけですので、フォロワーが急激に少なくなるリスクはありません。

特に本運営のアカウントを複数の拡散する為(2)の方が有効であり、BOTの数だけフォロワー読者も多くなります。

そしてリツイートの繰り返しによって、より多くの人に本運営アカウントのツイートを読んでもらう事が可能です。

その結果、本運営アカウントではフォローせずとも、自然と大量のフォロワーがつく流れになります。

FF比の高いアカウントを作るなら、断然(2)の本運営アカウントのツイートを複数BOTでリツイートする方法が良いです。


これにてツイッター編は終了です。

極力余計な部分を省き、簡潔ににまとめたので伝わりづらい部分が有るかと思います。

質問等がございましたら、コメント欄にお願いします。

本日もご拝読いただき有難うございます。

こちらや一番下の、はてなブックマークをクリックしていただくと助かります(^^;;

フェイスブックページもやってますので、よろしければこちらからどうぞ。

短期間で高収入の副業(Facebook)

ブログランキング・にほんブログ村へ  

SNSを集客に生かす術(2)ツイッター編

皆様こんばんは(^o^)

パソコンが故障してブログを更新できませんでした(^^;;

副業するには致命傷になりかねませんね。

さて、今回はSNSを集客に生かす方法として、ツイッターでのやり方を説明します。



H2u7nBsI7l45chX_4719


ツイッターは僅か140文字の文章でつぶやくだけですが、うまく使うと強い集客ツールになります。

もちろんフォロワーが多くないと全く本当の独り言になってしまうでしょう。

ツイッターの使い方としては、自分の副業運営サイト、ブログに誘導するのがメインとなります。

ツイッターに直接アフィリエイトコードを貼り付けても購入される事は稀です。

そこで、誘導する為の利用を大前提に以下の話を進めます。


  1. ツイッターのフォロワーを増やす方法
  2. BOTを大量生産

1)まずツイッターのフォロワーを増やす方法は、フォローしてその人がフォローを返してくれるのを待つのが基本スタンスです。

そこで最初はアカウント名に「@相互フォロー」「@相互フォー支援」「@100%フォローバック」のような、相互フォロー支援を目的とした人を片っ端からフォローします。

検索で相互フォローと入力すれば沢山のアカウントが出てきます。

そしてこのようなアカウントを持つ人の所には、相互フォローをしましょうという人が沢山集まっているので、その支援アカウントのフォロワーもどんどんフォローしていきます。

ただし一度に大量にフォローするとスパムの疑いが掛かり、アカウントがロックされてしまうので適度にします。

一度にするのは30人ほどにして作業を何回かに分けます。。

また、支援アカウントをリツィートする事も効果的です。

この作業だけで1か月程度で簡単に1000人のフォロワーを作れます。

ただ500人を過ぎた辺りからは見込み客になりそうなアカウントをフォローしていかないと、中身のないフォロワーばかりになってしまいます。

同時にフォローしても返してくれないアカウントはまめに解除します。

フォローとフォロワーの数のバランスは近い方が良いからです。

そしてフォロワーが2000人くらいになると、ツィートにそこそこ反応が集まると思います。


2)ツイッターは上記の作業が基本になります。

しかしこれだけでは自分のサイトやブログに誘導できる数は限度があります。

そこでBOTを大量生産する事が必要になります。

BOTとはブログで言うサテライトブログみたいなものです。

ツイッターは複数のアカウントが持てるので、1) の作業を繰り返して大量生産します。

しかし手動では膨大な時間が掛かるでしょう。

そこで無料自動ツールを使うのが有効です。

使用するツールとして代表的なものが以下になります。


● オートツイート(自動つぶやきツール)

● 鬼ったー(自動フォローツール)

● 片思いったー(フォローを返してくれない人をリストアップして手動で削除するツール)


オートツイートツイートを登録することで、何度もそのツイートを自動でつぶやく、Twitter用のBOTツールのひとつです。

ツイートは複数登録することもできますし、つぶやく順番をランダムでいれかえることもできます。


鬼ったー
は検索単語を設定することで、毎日自動でランダムに、特定ジャンルのユーザーを数名フォローします。

返報性の原理でフォロー返しを期待し、フォロワーの増加を狙います。

またフォローを返してこないユーザーに対しては、設定をすることで自動アンフォローをおこなうこともできます。

片思いったーは、これだけ手動ですが、フォローが多くなるとフォロー返しをしてくれない人を探すのに苦労します。

それを一瞬でリストアップしてくれるツールです。

オートツイート、鬼ったー、片思いったー、この3つの無料ツールを使うことで、本運営のアカウントのクオリティを補強したり、完全自動で機能するBOT(ボット)を作ったりすることができます。


次回はこのツールを使った実践編を解説します。

本日もご拝読いただき有難うございます。

こちらや一番下の、はてなブックマークをクリックしていただくと助かります(^^;;

フェイスブックページもやってますので、よろしければこちらからどうぞ。

短期間で高収入の副業(Facebook)

ブログランキング・にほんブログ村へ  
livedoor プロフィール
無料で情報収集はこちらから
記事検索
最新コメント
livedoor 天気